みのぶ観光案内 身延町身延山観光協会
Minobusan Tourist Assosiation.




TOP

みのぶ観光案内

奥の院思親閣

◆思親閣◆

久遠寺の裏山が身延山で山頂は、海抜1153mあります。ここは日蓮聖人が登山せられ、故郷である千葉県小湊のご両親様を偲び、追慕された霊跡の地でありますので、思親閣が建てられ奥ノ院と呼ばれております。三門より徒歩で五十丁(5,5km)ロープウェイを利用しますと、七分で登詣できます。

◆奥の院思親閣歴史◆

奥の院思親閣は、追慕の念押え難き日蓮大聖人が、遥か故郷房州の空を拝し、追考のまことを捧げた地。大聖人入滅の翌年、高弟の日朗上人が亡き師の篤い孝心を後世に伝えるべく山頂に一宇を建立したのが起源とされます。参道両脇に聳える老杉は、大聖人が両親追善のため自ら植樹したとされています。
標高1,153mの身延山山頂、奥之院駅より徒歩3分の場所に建つ「奥之院思親閣」は、身延山に入られた日蓮大聖人が西谷の御草庵 ── 現在の御廟所・御草庵跡 ── より50丁の道無き道を登られ、遙かに故郷(ふるさと)房州小湊(現・千葉県鴨川市)のご両親、お師匠の道善房を追慕なされた思親大孝の霊場です。
参道石段中程の両側には、日蓮大聖人が自らお手植えになられた4本の杉古木があり、石段の先、仁王門には、鎌倉時代を代表する仏師・運慶の作と伝えられる「密迹(みっしゃく)金剛」・「那羅延(ならえん)金剛」の二体の仁王像が境内を護っています。

◆祖師堂◆

仁王門をくぐった先、正面に建つ「祖師堂」は、日蓮大聖人の直弟子である六老僧の一人、大国阿闍梨(あじゃり)日朗上人によって開創され、加賀藩三代藩主・前田利常公の母君(ははぎみ)、寿福院お千世の方(かた)の寄進により、寛文5(1665)年に完成した由緒ある御堂です。

ロープウェイでご参拝される方はこちらから

▲仁王門

三道やロープウェイで到着したとき、まず始めに目に飛び込んでくる建物。二体の仁王様が境内を護っています。

▲祖師堂

仁王門をくぐった先、正面に建つ「祖師堂」。寛文5(1665)年に完成した由緒ある御堂です。
身延町身延山観光協会  〒409-2524 山梨県南巨摩郡身延町三門前
TEL/FAX:0556-62-0502  E-MAIL:kankou@minobu.info
Copyright c 2004-2005 Minobu Tourist Association. All rights reserved.
このホームページの著作権は身延町身延山観光協会に帰属します。