みのぶ観光案内 身延町身延山観光協会
Minobusan Tourist Assosiation.




TOP

みのぶ観光案内

三門

三門 (さんもん)
間口13間、奥行5間、高さ7丈(21m)
三門の名称は、三解脱門の意で、空・無相・無願をあらわしています。
仏教の教義では、仏道修行のさとりの内容を示しています。
世の中の様々な執着を取り払って本堂(涅槃・解脱)に至る門として位置づけられています。
一般的な七堂伽藍は三門・本堂・講堂・僧堂・庫裡(くり)・浴室・東司(とうす(お手洗い)で、
宗派によって異なります。楼上の内陣には、釈迦如来像と十六羅漢像が安置。
羅漢の作者は、京都の仏師辻井岩次郎。下層の両側には、
寺院を護持する金剛力士(仁王像)が安置され、両像は阿吽(あうん)の呼吸で知られています。
 
毎年8月7日の七夕に合わせて仁王尊の祭典が開催されます。平成19年には午後1時法要、
午前10時~午後4時十六羅漢像の開扉、午後5時虫切り加持、午後7時ジャズコンサートが行われました。
年に1回祭典の折に羅漢像を拝することができます。
身延町身延山観光協会  〒409-2524 山梨県南巨摩郡身延町三門前
TEL/FAX:0556-62-0502  E-MAIL:kankou@minobu.info
Copyright c 2004-2005 Minobu Tourist Association. All rights reserved.
このホームページの著作権は身延町身延山観光協会に帰属します。